インバス!

インバスケット試験対策情報サイト

インバスケットとは?(1)

HOME > インバスケットとは?(1)

インバスケットとは?

 インバスケットは試験、ゲームやテストなどと言われていますが、現在は一般的にそれらを含め「インバスケット」と呼ばれ、後に付く名詞によって意味合いが違ってきます。

 例えばインバスケット・ゲームであると、教育・訓練的要素が高くなり、テストになると試験的要素が多くなり、技法がつくと案件処理の効率的解決方法という意味合いにも取れます。インバスケットという言葉は和訳すると「未処理箱・未決箱」です。そこには様々な案件がランダムに入っていて、その役職になったつもりで、限られた時間内に案件処理していくというリアルなビジネスゲームの一種です。

暗記型トーレーニングではありません。

インバスケットゲームは暗記型のトレーニングではありません。あなたの判断に至るまでのプロセスを評価するゲームです。

インバスケットを勉強するにあたって

文献によれば1950年代前半にアメリカの空軍の教育研究所が教育訓練の結果の測定の為に開発されたとあります。その結果スコアリングの方法も開発され、学習測定の方法として有効と評価されることにより、民間企業にも広まっていきました。
しかし、初期の頃は決して選抜用の試験的要素は多くなく、むしろ教育訓練的要素が大きかったようです。

つまり、試験の前に基礎知識を学習をさせて、その学習効果が応用できるかをシミュレーションするためにインバスケットが使われたのでしょう。
そして、管理能力を測定する目的で使用され始め、試験的要素が強まっていったのが1960年に入ってからと思われます。
管理者や管理職の選抜に有効とされ、このサイトを見られている方の多くがこの選抜試験、昇進試験に臨む結果となっているようです。

あなたはインバスケット試験を受けるにあたって、指定された役職を演じることを要求されます。
それはほとんどの場合、全く経験したことのない業種の役職でしょう。
実際の試験ではあなたの置かれている環境が説明されます。
大半のパターンが人事異動で、ある部署の管理職として着任し、前任者は何らかの形で連絡が取りにくい状態にあります。
この連絡が取りにくい状態の大半が急病という設定が多いのは、妙に説得力があり、将来の自分を見るようで少し不安になります。(笑)
(本番試験ではそんな心配をする余裕は全く無いのですが)
当研究所が今まで分析した多くの試験問題がこのパターンです。

そしてあなたは前任者の残した山のような案件を処理する為に、前任者の机に座るという設定でスタートします。しかも状況は悪いことに、あなた自身も長期出張などで明日から数日間業務の出来ない状態になり、その間は外部と連絡が取ることができず、残された少ない時間で案件処理を迫られます。
さらに会社の休日や社内旅行と重なり、直接部下や上司と連絡を取ることが出来ずに、手持ちの資料の中で判断を迫られます。

以上のような実際にはあり得ないほどの過酷な環境と状況に設定されていることが多いでしょう。

このテスト、管理職として強いストレスと、厳しい制約を感じる環境下での冷静な判断能力を試す一面もあるということを頭に入れてください。
従って、冷静な方でも判断を誤ってしまうほど、時間的にも、環境的にも過酷なストレスを感じるはずです。

過去に受験された方の中で、すべての問題が解けたという割合は非常に少ないようです。

合格するために大切なもの

自己啓発で自分の管理能力を伸ばそうという方は、この章は飛ばして次のページに行ってください。
これから昇進試験などを受けられる方は、大切なことなのでよく読んでご自分の推進力にして欲しいのです。
このコーナーの内容は少し説教じみた失礼なお話と取られる方もいるでしょう。
しかし、数あるインターネットサイトから「インバス!」を発見してご覧頂いているからには、ぜひ試験に合格してステージUPして頂きたいという、純粋にそれだけの気持ちで、あえて苦言を申し上げます。

インバスケット演習中

まず多くのサイトから、インバスケットの情報を収集する為に、このサイトを見つけて頂いたことに敬意を払います。
このサイトをご覧頂いている段階で、あなたは既に判断と行動をされています。
インバスケットでは「情報収集」という評価項目の一つです。
この時点で、このサイトを見ていない方とは差が付いています。
きっと、あなたは明確な目標を持ってお読み頂いていると、私たちは考えています。

合格するために必要なのは・・・
合格を手にするかどうかはあなたの気持ちが一番大切である。
本当に合格したいのか、管理職(上位職)になりたいのか。
もう一度、自分自身に問い掛けて頂きたいのです。

この気持ちはどんな参考書や指南書よりも、あなたを合格に導く大きな原動力になります。
次のページに行く前に、もう一度あなたの気持ちを整理をしましょう。

本当に合格したいのか。
それは何故合格したいのか。

試験に失敗した方の多くは「自分に運がなかった」と潜在的に思っています。 でもそれは間違いで、あなたの中にある能力(潜在能力)を十分に活用できなかったために、なるべくしてなった結果です。

▲ページ上部に戻る

このインバスケット・ゲームを活用した試験で失敗された方の多くは、少なからずショックを受けます。特に努力してトレーニングした方はショックが大きいでしょう。
「自分には管理能力がなく、組織の一員として認められていない」
「どうして仕事の出来ないあいつが合格して、会社に貢献している私が不合格なのか」
良く相談される中に出てくる言葉です。

アメリカの人間能力開発研究の権威デール・カーネギーは
「信念を持たない限り、人は強くも正しくも生きていくことはできない」
と言っています。

それも消極的なものではなく、積極的な確信を持つべきです。 あなたは何故この試験に合格しなくてはならないか。 まずは確信を持ちましょう。試験に合格する目的です。

やる気

「将来、あなたが所属する企業のトップマネジメントに携わる」
「将来、自分の家族に経済的な不安を与えない為の収入を得る」
「将来、多くの部下を育てたい」
「将来、起業するためのマネジメント力をつけたい」

大きなビジョンです。 あなたが、今、勤めている企業・組織の問題を常に感じているなら、それを解決するには、あなたはさらに上位職になり、決裁権限を広げればそれを解決できます。

今の経済状態は満足していますか。
毎月送られてくるクレジットの請求書やローンの返済計画書に、少なからず恐怖は抱いてはいませんか。
愛する家族もあなたに信頼を持ちつつも、どこかで不安を抱えているかもしれません。
今は大丈夫かもしれませんが将来はどうですか。
リタイヤ後の人生は楽観できると言い切れますか。

多くの年収を得る。
そう、あなたの時間当たりの報酬は、本当はもっと高いはずです。
それを得る為にも、この試験に合格しなければなりません。

▲ページ上部に戻る

今の仕事で満足していますか。
あなたはもっと重要な仕事をしたいはずです。
さらに多くの部下を育てたいはずです。
毎月の業績を上げるのは大事ですが、あなたの中で何が残りますか。
例えば昨年の10月の業績はいかがでしたか?思い出せますか。
この一年間であなたは会社に形として何が残せましたか。 例えば、あなたが教育した部下が、上位職に昇格して活躍している姿を見れば、形を残せたと満足感が出てくるはずです。
彼はあなたの組織に貢献し続けるでしょう。
特に出来ない部下が一人前になった時はそう思いますよね。

今、従事している仕事は本当にあなたがしなければならない仕事でしょうか。
あなたにはもっと、あなたでしか出来ない仕事があるはずです。
でも、残念なことに企業のトップにはあなたの能力や実力は、ほんの僅かしか見えてまいせん。
だからこそ、この試験に合格するべきなのです。

そんな先のことは考えていない。
と言う方は、近い将来の目的でもいいのです。
時には憎しみも原動力になります。
例えば嫌な上司の顔を思い浮かべましょう。彼を原動力にするのです。
彼の上司になっている自分を想像しましょう。

グッド

欲望も原動力になります。
年収が120万円上がった生活を思い浮かべましょう。
月10万円のキャッシュがあなたに入ってきます。
この10万円を毎月貯蓄に回し利回り5.5%で運用すると、なんと10年後には複利で1500万円以上の財産になります。
あなたの家族の経済的負担はかなり減るのではないでしょうか。
あなたが自由に使えるお金も増えるのではないでしょうか。

上記の大きなビジョンに比べると推進力は弱いかもしれませんが、ないよりましです。
なぜなら、ボートはオールなしではたいして進まないからです。

インバスケットゲームは暗記型のトレーニングではありません。
努力も重要ですが、信念が非常に重要です。

これは私たちインバスケット研究所スタッフが全員一致で確信していることです。

あなたは現在あまり使っていない能力をフルに発揮しなければならない場面もあるでしょう。
でもそれはあなたがこれから必要になる能力をトレーニングしているだけで、決して無意味ではありません。
多くの方が、インバスケット演習をした後に、日常の仕事をすると能率的になったり、いままで気が付かなかったことに気が付くなど効果があったとおっしゃます。
是非楽しみながらトレーニングをして、試験に合格され、近い将来マネジメント職に就かれることをお祈りしております。

さあ、一緒にがんばりましょう。

私たちインバスケット研究所のスタッフが全力であなたをサポートします。

※もし文章中にあなたに対して気分を害するような表現が含まれていましたら、心よりお詫び申し上げます。

▲ページ上部に戻る


メルマガ登録は

登録はこちら

週1回(土曜日)配信。インバスケットの最新情報や、コツ・問題集情報をお伝えします。登録無料です!

DVD販売ページ

カードが使えます

インバス!モバイル

電車の中や待ち時間を有効活用しましょう。